若い頃は自分の着たい服を着ていた。似合う似合わない別にして、その服が好きなら人に何を言われようが堂々と街を歩けた。
しかし30代になった頃から、年齢を気にして自分の着たい服が着れなくなっていた。
若い頃はそうなりたくないと思っていた。年齢なんて気にしず、自分の着たいものを買い可愛いと思ってたものを着る。

そう思っていたはずなのに。お店で可愛い服を見つけても、後10歳若かったらと無意識に思い手に取った服を置いてしまう。

どうしてそうなってしまったのかを考えた。
ある日街ですれ違った人が目に留まった。その人は50代後半くらいに見えた。
私には到底履けないショッキングピンクのミニのスカートを履き、ピンヒールを履き、鞄には大きな熊のぬいぐるみをつけていた。
その時私は無意識にうわっと思い、失礼ながらイタイなぁと思ってしまった。

その人からすればこの私の考えは、余計なお世話かもしれない。
けれど人はメイクもファッションも人にあうから拘るのだ。
例えば家で一人でいるときに、飛び切りのオシャレをする人はいない。
そんな時私の場合、1日中パジャマでいることだってある。

私の場合は極端かもしれないが、そういうことだと思う。
だから人が不愉快と思うファッションは、いくら自分が好きでも考えなければいけないと思う。
あの瞬間まではそう思っていた。

その瞬間とは、不意にテレビを見ていたとき、女優さんが出ていた。
その人はあの街ですれ違った人と同じくらいの歳で50歳代後半。
服は目にはきついほどのまぶしいピンクに、レースのブリブリのスカートを履いていた。

20代の私でも着れないようなファッションだったけれど、不思議と嫌な気持ちにはならなかった。
むしろ堂々としていてとてもかっこよく見えた。
なぜだろうと考えたら、芸能人だからという目で見ていたからだと思った。
でもそれではあまりにも街で見かけた50歳代後半の人が可愛そうだ。

芸能人だからと言って見方が変わるのは駄目だ。平等に見なければいけない。
芸能人でもそうじゃなくても自分の考えやファッションにこだわりを思って、堂々人前に出ることはかっこいいことだ。
それからというもの、私は自分着たい服をきて何を言われも歳を気にせず、自分のファッションを楽しめるようなってきた。

ファッションは自由だ。