冬期うつ病と言う言葉

最近は少しかわった性格の人がよくいます。
環境ゆえなのか、わがままなのか、病気なのか性格なのか、その区別はつけようがありません。
そして、最近ネットで冬期うつ病という言葉を見つけました。

冬なるとよく食べ、寝るのだそうです。
え、私?
最近よく食べるんです。
朝ごはん食べた後も、パソコンに向かいながらお菓子を食べたくなります。
11時近くになるとお腹がぐるぐる言いはじめます。
もちろん、おやつの時間も何か食べたくなります。
そして、夕食前またも何か食べたくなります。
夕食後、寝る前にも食べたくなります。
食べ物を家に置いておくと、かなり危険な状態です。
ですから、家にはあまりお菓子を置かないようにしています。
それでも、時どきむしょうに何かを食べたくなるので冷凍の食べ物を置いています。
どうしても食べたければ、数分で作ることができるものです。
どうしても食べたいわけでなければ、わざわざ作ってまでは食べませんから。
そして、いつでも寝たいんです。
暇があると寝たい。公共の乗り物に乗っていても、寝たい。夜もお風呂にはいったらさっさと寝たい。
これって冬期うつ病?
よく考えると、私の場合冬に限ったことではありません。
ですからやっぱりただの食いしん坊。そして、寝るのが好きなんでしょうね。
寝ること、食べることが好きなんて、私はとても幸せだと思います。
毎日の生活にその二つは欠かせないからです。
毎日好きなことを必ずできるんです。
病気になったら食べることが苦痛になることもあります。
そういったことを考えると、今の自分はとても幸せだなあと思います。

ストレスの少ないレンタルサーバー
常に顧客志向のプランと料金設定が評判。利用者のストレスを軽減する使い心地。
www.1strentalserver.com/

»