バスから家まで歩くのは時々じれったく感じられます

以前は車を使っての移動が多かったのですが、引っ越しするにあたり車を手放しました。
それで今は、公共の乗り物を使っての移動です。
近くのバス停から、うちまで歩いて5,6分ととても近くです。

でも、時々その距離がとても長く感じられます。
持っている荷物が重かったり、家でしなければならないことが多く、時間が惜しいときなどです。
そんな時も、足を交互に動かしながら一歩一歩進まなければなりません。
とてもじれったく感じます。
でも、一歩一歩でも、確実に家に近づくことを励みにとにかく歩きます。
以前なら、車で家の前の駐車場に止めてスッと帰ることができたのに、今はひたすら歩くしかありません。
でも、よく考えると車に乗っていた時も、出かければ、駐車場を探し、駐車場から目的地までは歩かなければなりませんでした。
もっとじれったいのは、渋滞したときです。
前の信号が青になっても進みません。そうこうしているうちに、赤になり、そしてまた青になります。
でもやっぱり全然進みません。
横を歩いて通りすぎる人をうらやましくみていたものです。
そして、約束の時間が近づくにつれ、イライラしだし、これで寿命が3日縮まるなと思ったものです。
それを思えば、歩くのは健康にもいいですし、お金もいりません。
いろいろ考え事もできます。
まわりも見回し、自然を観察できます。
地道に一歩一歩進むことはいいことかもしれません。
特に、今のように生活ペースが速いことに慣れてしまっている今、焦り過ぎているのかもしれません。
今日も一歩一歩、足を動かし続けて、目的地までまたあるきます。

デザイン表札通販
職人が手作りする表札専門通販のパイオニア的存在。新築戸建マンションなどに人気です。
www.hyousatsu.co.jp/

«
»