食い倒れ築地ツアーの思い出

友人ととにかく一日美味しいものを食べまくろう、という主旨のもと、築地グルメツアーを敢行したことがある。
添乗員なしの定員2名のスーパーミニマルツアーだ。
築地といえばもちろん新鮮な魚介類ということで、われわれも例に漏れずその美味しい魚介を皮切りにプランを組んだ。

まずは、昼にうに丼を食べる。
海鮮丼でもよし。
築地市場をぶらぶらしつつ、美味しそうなものを見つけたら食す。
その後夕飯は銀座のほうへ足を伸ばしていいステーキを食べよう、という今考えてもリッチなプランだ。

まずは、その昼ごはんのうに丼のために、われわれは市場内のご飯屋さんがかたまっているところを物色した。
できればカウンターのすし屋がいいね。
今日は金に糸目はつけないから奮発だね。

なぞと話しながら、何軒かそんなようなお店を横目に見ながら通り過ぎた。
入れない。

素敵なすし屋も通り過ぎた。
入れない。

決して満員で入れないのではなくて、見えない高い敷居のおかげで入れないのである。
決して店側がそういう態度をしたのではない。
おそらくは、そんなこと毛ほども思っていなかっただろう。

だがそこは所詮庶民のわれわれ。
たまに金に糸目をつけず美食豪遊しようと思っても、いざとなると気持ちがびびってしまうという悲しい性なのである。

結局、チェーン店でうに丼を食べた。
程ほどに美味しかったが、初っ端から目的を完璧に達成できない自分が不甲斐なく、しかもうに丼がかなり腹持ちがよかったせいで、夕飯のステーキなんかはとても入るわけもなく、ただただうに丼を食して帰ってきたのだった。

お気に入りレンタルサーバー
日々のウェブシステムを安全に安定して運営するには秀逸なレンタルサーバーが必須
www.1strentalserver.com/

«
»