時々道に迷う

私は自慢じゃないですが、かなりの方向音痴です。見知らぬ土地ではもちろん、身近な土地でも時々道に迷う時があります。そのため会社への通勤路などは、慣れない道を使って遅刻してしまったり、帰れなくなってしまったりする事を恐れ、滅多な事がないと変えません。

しかしつい先日、私の住む地域でも朝から大雪が降った日があり、帰りの事を心配し、お昼で早退をさせてもらえた時がありました。そこで私は、折角時間に余裕があるのだから、今まで気になっていた他の道を使って帰ってみようと思いました。また少し前にナビの付いた車にも乗りかえているし大丈夫だろうと思ったのです。
初めて通る道はとても狭く、対向車とギリギリすれ違う事が出来るほどの幅しかありませんでした。しかし交通量は少ないので、そこまで不便だ、大変だとは感じませんでした。また分かれ道が多く、ナビで確認をしながら、自宅へと続く道を探しました。
その日以降も帰りはその道を通り、一番便利な道順を見つけることが出来ました。そしてその結果、今まで使っていた道より、5~10分ほど時間を短縮することが出来るようになりました。帰ってから家事をしなければいけない私にとって、そのわずかな時間がとても嬉しいです。
まだ朝の通勤時は、新しい通勤路を試せていませんが、おそらく今よりももっと早くたどり着ける道があると思います。今度の休日にでも、ドライブがてら散策をし、より良い通勤路を見つけたいと考えています。

医学論文の翻訳
お預かりした原稿の専門領域や文書のスタイルに精通したネイティブチェッカーが担当いたします。
www.honyakucenter.jp/

«
»