水周りは家選びのポイント

家選びで重視するポイントは、何と言っても水周りだ。
日当たりも大切だけれども、水周りには及ばない。
水周りというのは、キッチン・風呂・トイレである。
とにかくすぐに生物的汚れのたまる場所だから(カビとか)、清潔に保たれるというのはなにをおいても重要なポイントだ。

使いやすければきれいにも保ちやすいものである。
特にキッチンにおいては、動線とかシンクの使い勝手というのは何より大切で、それによって毎日の食事作りのテンションが変わってくる。
食べ物を扱うところだから、清潔が嬉しい。
使いやすくてきれいというのに越したことはない。

使い勝手で言えば、やはり家というのも時代によって進化しているわけで、できれば新しいもののほうが使いやすい。
中古物件で、昭和の早い段階で作られた家というのは、当時の日本人にあわせた規格なので、今の日本人にはあわない。

というのも、今の日本人は当時に比べて身長が伸びている。
だから、当時の物件の流しというのは低めに合わせてあるので、長時間調理していると肩がこったり首が痛くなったりする。
それになにより、やはり経年感というものはぬぐえないものである。

風呂やトイレも同様で、是非ともきれいであってほしい。
毎日絶対に使う場所でしかも一番汚れやすいところだから、こと水周りに関する目というのは厳しくなりがちである。

贅沢を言えば、トイレの便座がウォームレットで、風呂は寝そべることが出来るくらいに長いと良いのだが。
それ以外はどうでもいいといっても、ここまで水周りがよい物件は、さぞかし家賃がはることだろう。

魅力的なダイビング
石垣島ダイビングショップ ブルーウォーターダイバーズはこんなお店
www.blue-water-divers.jp/

«
»