家で大切なことについて

子供の頃、お金を稼ぐのがこんなにも大変だということを知らなかった私は、豪邸に憧れていた。
警備会社が入っているような、首相官邸みたいな豪邸。
友人がセレブで大きな家に住んでいたせいもあり、私もそんな家に住みたいなどとうつつを抜かしていた。

誰もが夢見ることかもしれないが、屋上にプールがあったらいいなとか、廊下が吹き抜けになっていたらいいな、とかそんな夢のような話だ。
100坪あったら嬉しい。
なんて今考えると大層ばかばかしい。

大人になった今では、大きな家は維持費がかかるということや、光熱費、固定資産税なんかも色々大変なことがわかってきた。
それに、掃除も大変だ。
全部の部屋を日替わりで掃除していたら、一周するころには最初の部屋がほこりまみれだ。

だったらそこまで地価が高くない郊外、適当な広さの物件で、そして都心にでるのに交通の便がよく、せいぜいペットOKのところだったらばんばんざいである。
一軒家だろうがマンションだろうが、自分の城を持つということは実に大変なことなのである。

子供の頃の自分が今の自分の現実を知ったら嘆くだろうか。
夢がない、と言うだろうか。

けれども、小さな家であれば家族が集まるし、それこそアットホームでこんなに幸せなことはない。
家はあくまでも入れ物であって、大切なのは中身である。

そんな中でも理想を言わせてもらえるならば、夏にはみんなでビールを飲める庭か、少し広いベランダがあったらよい。
縁側か濡れ縁でもいいか。
家族や友人が集まれる場所があれば、どんなに狭い家だったとしても、それは最高にいい家といえるのではないだろうか。

ショッピングカートのレンタル
買取がお得かレンタルがお得か?カスタマイズ性に富んだ格安レンタルなショッピングカート
www.shopmaker.jp/
夕日に染まって買い物、いえスマホでショッピング

«
»